石垣島なんでも図鑑
simapaingif.gif

旧暦の3月3日は浜下り(サニズ)

【石垣島の伝統行事−浜下り(サニズ)−】

hamaori.jpg

日本には新暦で行う女の子の行事3月3日の雛祭りがありますね。

沖縄には旧暦の3月3日に行う女性の行事があるんですよ。
それが浜下り。
沖縄本島などでは、方言でハマウリなどと言われており、石垣島ではサニズと言われています。

浜下り(サニズ)は、毎年、旧暦の3月3日に行う行事で、文字通り浜に下る行事。
女性だけが浜辺に降りて、海水に手足を浸して身を清め、健康を祈願する行事なんです。
清めた後は、もちよったご馳走などを食べながら浜辺で遊びます。

旧暦の3月3日は、干満の差が一年間で最も大きい大潮になるので、
干潮の時間にあわせて浜へ降りて潮干狩りなどを楽しんだりしますよ。
小さい子達には、ご馳走を食べれて、楽しく遊べて楽しい行事ですね〜。

ちなみに最近は、女性だけと言わず家族みんなで浜下りの日に海に遊びに行きますが、
昔は、男の子は来ちゃダメ!の行事でした。

浜下り(サニズ)の由来ですが、いくつかあるようですが、
「蛇婿入り」という民話が由来として有名です。

こんな感じのお話です。

【蛇婿入り】

昔、女性のもとに夜な夜な通う美男子がいました。
二人は愛し合っていましたが、男性は夜にしか女性に会いにきません。

いつしか女性のおなかには男性の子が宿りました。
女性は彼の事を何も知らなかったので、彼がどんな人か確かめようと思い、
男性の着物の裾に糸を通した針を刺しました。

夜明け前になると、いつものように男性は帰っていきました。
女性は、裾に付けた糸を追って男性のあとを追いました。

そして着いた場所は・・・洞穴。
その洞穴にいたのは、・・・なんと巨大な蛇!

男性の正体はアカマターだったんです。
(アカマターは方言で蛇の事です。)

愛した男性が実はアカマター(蛇)だった・・。
男性の正体を知った女性は、嘆き悲しみました。

女性は海にいき、海水に浸かり身を清めました。
すると体からたくさんのアカマターこ子が流れ出たそうです。
その日が3月3日だったことから、
旧暦の3月3日は女性の厄除けの行事として「浜下り」が行われるようになったそうですよ。

旧暦の3月3日には、浜下り(サニズ)しましょう〜。


▼2018年産「石垣島パイナップル」お得な先行予約受付中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の予約受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル お得な先行予約受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の伝統行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石垣島の人気島野菜「島らっきょう」

【島らっきょう -石垣島の島野菜-】

島らっきょう

 酒飲みが多い石垣島では好きな人が多い島野菜「島らっきょう」。
最近では、沖縄県外の人にも島らっきょうの人気が高いですね。

八重山での方言名は「ダッキョー」、沖縄本島ではラッチョウやダッチョーなどと呼ばれています。

島らっきょうは、もともとの沖縄在来種で、島という名がつくからには、本土のらっきょうとは少し違います。

島らっきょうは、本土のらっきょうに比べて、「香りがいい」「辛みが強い」「小ぶり」などの違いがありますよ。
小さいけどパワフルな味わいって言ったとこでしょうか。

島らっきょうの旬の時期は、1月頃から出始めて5月頃まで。
旬の時期にスーパーなどに行くと島らっきょうがたくさん並んでいますよ。

石垣島産の島らっきょうを食べてみたい方はこちらで購入できます!

石垣島産島らっきょう 販売サイト

島らっきょうが地元の人に人気な理由、それは「酒の肴」ですね。
「島らっきょうの塩漬」けや「島らっきょうの天ぷら」は、お酒の肴に最高!
地元の多くの居酒屋でも定番メニューに載っているぐらいの人気のつまみです。

島酒片手に島らっきょうの塩漬けをポリポリ。これだけで幸せ!

何気なく食べている島らっきょうですが、調べてみると結構健康にもいいみたいですよ。
らっきょうといえば独特の香りですよね。
それは硫化アリルという成分で、糖質を分解しビタミンB1の働きを助け、疲労回復などに役立つそうです。
また血が固まるのを防ぐアデノシンという物質も多く含まれているそうですよ。

肉好き、酒好きな沖縄人には、ピッタリの酒のつまみですね。

石垣島の島野菜「島らっきょう」をぜひお試しあれ〜。

島らっきょうレシピを動画でも紹介していますので、よろしかったらどうぞ!
 こちら↓↓
 
 拡大してみたい方は >島らっきょうの塩漬け 料理レシピ

画像では >島らっきょう料理


石垣島産の島らっきょうを食べてみたい方は島の専門店まで
詳しく島らっきょうのことも載ってますよ。
こちら↓↓↓
石垣島産島らっきょう 販売サイト



▼2018年産「石垣島パイナップル」お得な先行予約受付中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の予約受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル お得な先行予約受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の食材・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧暦の12月8日はムーチー(鬼餅)の日!その由来とは?

【「ムーチーの日」由来−石垣島の風習−】

muuiti.jpg


石垣島だけでなく、沖縄県内全体で旧暦の12月8日には、ムーチーを食べる風習がある。
ムーチーとは、沖縄独特の餅の事で、白糖や黒糖で味付けを行い、月桃の葉で巻き蒸して作った餅だ。

旧暦の12月8日には、邪気払いと子供の健康を願って、子供がいる家庭では、このムーチーをその年の数だけヒモで結んで、天井から吊るす習わしがあるんですよ。

ムーチー(鬼餅)の風習の由来は、いろいろありますが、こんな感じです。(超簡単に説明)
昔、夜な夜な鬼になって人畜を襲う男がいたそうな。
その男には妹がいて、兄の行いにとても悩んでいたそうだ。
そこで、鉄釘入りのムーチーを兄に食べさせ、弱ったところを海に蹴り落として殺したそうな。
鬼退治にムーチーが使われた事から鬼餅と呼ばれ、兄をやっつけたその日が

旧暦の12月8日だったから、その日は邪気払いや健康を願ってムーチーを食べる風習ができたそうですよ。


ちなみにムーチー食べるのには、結構コツがいりますよ=。
月桃の葉に餅を載せているので、べたべたして結構食べずらい・・。
小さいころから、食べるのに悪戦苦闘していました。

最近は、ある人から教わったコツっていうものを習得してからは結構簡単に食べれるようになりました。
餅がついていない部分の葉っぱを縛って食べるのですが・・ (文章では説明が難しい・・)
ぜひムーチーにトライ!

ちなみに石垣島では玉城もち屋のムーチーなどが有名です。

家庭でも簡単にムーチー作れますよ!
自分でムーチーを作ってみたいって方はこちら↓↓
カーサームーチーの作り方レシピ

動画

拡大してみたい方は >カーサームーチーの作り方・沖縄料理レシピ動画

▼2018年産「石垣島パイナップル」お得な先行予約受付中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の予約受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル お得な先行予約受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする