石垣島なんでも図鑑
石垣島パイン 美味しい旬到来!

石垣島では寒すぎると魚が仮死状態に!

【石垣島では寒すぎると魚が仮死状態に!-石垣島のカルチャーショック】

魚群

石垣島の冬。
平均気温で行けば18度くらいなのですが、島の人にとって20度を下回ともうそれは真冬並みの寒さ。
分厚いコートを付けている人も見かけるぐらいです。

20度下回って寒いなんで本土の人に言ったら、「めちゃ暖かいじゃん」言われます。
でも、石垣島の冬は北風が強く、気温は高く見えても体感温度は寒く感じるんですよね。
北風ピュ〜ピュ〜です。

石垣島ではこの北風の事を方言でニイミシーと呼んでいます。

さて魚が仮死状態になるお話ですが、17,8度ぐらいで仮死状態になるわけではありません。
石垣島の冬の中でも特に寒い極寒の日!10度前後の時に魚が仮死状態になるんです。
石垣島で10度を下回ることはめったにありません。

朝起きて吐く息が白かったりしたら、それはめっちゃ気温が下がっている日。
そんな時には、地元では「今日、浜辺に言ったら魚でもうちがってるんちゃう。」という会話をします。

子供の頃は親に連れられて浜辺に魚採りにいった記憶があるな〜。
仮死状態だから腐らず新鮮な状態で打ちあがっているので、見つけたら儲けもんです。

私の子どもの頃は10度近くになることも割と多かったのですが、ここ最近は温暖化のせいか10度近くになることは少ないですね。(昔は冬にコタツに入っていた記憶があるけど、最近はコタツ出すほどではないんですよね、)

1年に1度あるかないかの10度を下回る気温。

冬に10度を下回ったら浜辺にお魚探しにレッツゴー!!
石垣島の冬のちょっとした遊びです。






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画         ▲LINE@やってます!
posted by 石垣島 | 石垣島のカルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石垣島の冬を彩る「リュウキュウコスミレ」

【石垣島の冬を彩るリュウキュウコスミレ -石垣島の植物-】

リュウキュウコスミレ

リュウキュウの名が付いた沖縄や石垣島などでよく見られるスミレ「リュウキュウコスミレ」。
名前の由来は、琉球産の小さいスミレという事で「リュウキュウコスミレ」という名が付いたそうですよ。

沖縄諸島原産のスミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ 漢字で書くと「琉球小菫」

リュウキュウコスミレは、11月頃から1.5cmほどの小さくて可愛らしい花を咲かせます。
高貴な濃い紫やピンク・白など色のバリエーションが豊富なスミレです。

ちなみにこのリュウキュウコスミレは、生物季節観測対象の植物なんだそうです。
生物季節観測とは、気象庁が植物の開花や動物の初鳴きの日で季節の移り変わりを調べる対象の生物事。
同じ生物を毎年定点観測することで、観測地帯の現在と過去の季節や他の地域との季節に変わりを比較したりするんだそうです。

たまに新聞などに「●●が例年より早く開花」などと書かれている植物などは観測対象の植物なんだそうですよ。

石垣島の冬から春を楽しませてくれるリュウキュウコスミレ。
バンナ公園などで見ることができますよ。






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画         ▲LINE@やってます!
posted by 石垣島 | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーサームーチーの作り方レシピ!


ムーチーレシピ

旧暦の12月8日はムーチー(鬼餅)の日です! 

(ムーチーの事を詳しく知りたい方は >>ムーチー(鬼餅)の日

最近は家庭でもムーチーを作る事が少なくなりました。

ムーチーは、お餅という事もあって、作るのが大変というイメージがありますが
ムーチー作りは、本土のお餅のようにもち米を蒸して突いてなどではなく、
粉状のもち粉を使って水と練って作るので誰でも簡単に作れます。

できれば子供たちにも教えて、島の風習を受け継いでいってほしいですね。
ムーチー(鬼餅)の日には家でもムーチー作りましょう〜。
子供と一緒に作ったりすると楽しいですよ。

今回紹介のムーチーレシピは黒糖のカーサムーチーです。
個人的にも黒糖の味が好きなもので・・。  
黒糖の代わりに白砂糖を使ったり、砂糖を入れずに造れば通常の「白ムーチ」、紅芋フレーバーを使えば「紅芋ムーチー」になりますよ。
月桃の葉の他にもクバの葉で作る力ムーチーなどもあります。

<ムーチーレシピ 約20人分>
カーサムーチー作りに必要な材料
・もち粉 1kg  ・粉黒糖250g  ・水750cc  ・月桃の葉 30枚ぐらい

ムーチーの作り方 手順

@月桃の葉の用意
ムーチーレシピ

 まずは月桃の葉を取ってきます。
 石垣島であれば、いろいろなところに月桃は自生していますので、山に探しに行くか、
 ムーチーの時期になれば、スーパーなどでも月桃の葉を販売しているので、そちらでGETします。
 (沖縄県外の方で月桃の葉が手に入らなければ笹の葉などでも代用して作れますよ。)
 できれば50〜80cmぐらいの月桃の葉がいいですね。
 最近はネットでも「月桃の葉」買えますよ!
 こちら >>ムーチー用として月桃の葉(1枚)【げっとう葉】
 
 採ってきた葉をきれいに洗って、水気を切っておきます。
 (ちなみに月桃の葉は水に浸けとけば、4〜5日は持ちます。)



A原料を混ぜ合わせる


ボールに「もち粉1kg」「粉黒糖250g」を入れて、少しづつ水を加えてながら練り込みます。
 あまり柔らかくなりすぎないように気を付けてくださいね。
 このこねる作業は子供達にさせると大喜びです! 粘土のようにこねこねこね。



B月桃の葉にのせる

こねたもち粉を今度は月桃の葉に載せていきます。
 葉の裏側に、長細くひらっぺたく。
 通常は80〜100gとありますが、わざわざ量るのも大変なので、
 葉っぱの大きさに合わせて自分の好みでもち粉を月桃の葉にのせます。
 

C月桃の葉を包みます
muti4.jpg
 次はもち粉をのせた葉を包んでいきます。
 まずはもち粉をのせた両サイドを包み、上と下を重ねて包みます。
 逆バージョンもありで、上と下を重ねて両サイドで包む方法もあります。
 包み方によって食べやすさもかわるので、。どちらが食べやすいかは、ぜひお試しください。

D紐でしばります。
 muti5.jpg
 包んだ月桃の葉を紐でギュッと縛ります。
 ムーチーらしくなってきましたね〜。
 我が家ではタコ紐で縛りました。ビニールの紐などでもOKですよ。

Eムーチーを蒸します。
 muti6.jpg
 包んだ餅を蒸し器に入れて蒸します。
 時間は20〜30分ぐらい。 蒸し器が無い方は鍋などでも代用できますよ。

Fカーサームーチーの出来上がり!
 ムーチーレシピ
 蒸しあがったら出来上がりです!
 アチコーコーなので少しさまして食べて下さいね。
 家でも簡単に作れるカーサームーチーレシピでした。
 ムーチーの日には、子供と一緒にムーチー作りましょう〜。

カーサームーチーを食べてみたいって方はこちら
カーサームーチー送料無料♪(雑誌にも掲載された!!4種類の 手作りもち)






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画         ▲LINE@やってます!
posted by 石垣島 | 石垣島の料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする