石垣島なんでも図鑑

グアバで作る果実酒の作り方

【グァバで作る果実酒の作り方】

グアバ酒

石垣島で採れる果物と島酒「泡盛」で作る果実酒シリーズ!
今回は、8月頃に美味しい食べ頃を迎えるグワバ!
バンジロウなどとも呼ばれています

私が小さい頃は、石垣島のいろいろな所にこのグワバ(昔はバンシルーと呼んでいたな。)がなってました。
おやつ代わりによくまるごとかじっていたな〜。 

でも、最近は美味しい果物がたくさんあるので、グワバを食べる事はあまりなくなりました。
皮ごと食べたり、中の種が・・。食べるのにちょっと躊躇する感じです。
 
なので、最近はグアバをもらったら果実酒などにしたりしています。
グアバ酒は香りがいいのでオススメですよ。

石垣島の果物「グアバ」と泡盛で作るグアバ酒の作り方レシピ〜紹介!

<石垣島の果物「グアバ」と泡盛で作るグアバ酒(果実酒)」>材料

密封できる瓶
グアバ果実:約4〜500g 
泡盛30度:900ml ※30度以上 自分の好きな銘柄がいいです。
氷砂糖:1〜200g ※甘さはお好みで。 私は甘めにして炭酸で割ったりするのが好きです。

<「グアバ酒 果実酒」作り方>

1)グアバび果実・泡盛・氷砂糖・瓶などの材料を用意します。

guwaba7.jpg
  
  きれいに瓶を洗います。グアバも果実もきれいに洗います。


2)グアバの果実をカットします。

guwaba6.jpg

  グアバの種は取らずに2つにカット。
  

3)グアバの果実を瓶に入れます。

guwaba5.jpg


4)氷砂糖入れます。
guwaba4.jpg

5)泡盛を注ぎます。
guwaba3.jpg

通常はホワイトリカーの35度が使われますが、石垣島の泡盛で35度の度数の泡盛がないので、一般的には30度を使います。
今回は、八重泉30度を使いました。
自分の好みの銘柄を使いましょう〜。 

6)あとは密閉して、2〜3か月ほど寝かせます。
guwaba2.jpg

いい香りのグアバ酒が出来上がります。
ストレートで飲んでももバッチリ! 
私的には炭酸割りが一番好きです。

食べるよりも泡盛に漬ける方がいいかも〜。
簡単なのでぜひグアバ酒作りにトライ!



▼2018年産「石垣島パイナップル」美味しい旬、真っ最中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の注文受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル 注文受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満慶まつり(川平)

【石垣島のイベント-満慶まつり(川平)-】

満慶まつり

 今年も川平部落で満慶まつりが開催されます!!
豪華賞品があたる抽選会と、近くで見れる迫力満点の花火がうりの川平地域の祭り「満慶まつり」。
舞台では伝統芸能やライブなどもありますよ。

2011年に、初めて「満慶まつり」を見に行ったのですが、地域の祭りとは思えないほどのたくさんの人でした。
川平小中学校のグランドのおこなわれたのですが、ほぼ埋め尽くされてましたね〜。
屋台も品切れ続出で・・。
どうも聞くところによると、きいやま商店が出演という事もあり、大変な人出だったそうです。

2011年の満慶まつりでのきいやま商店ライブの様子です。 ↓↓
満慶まつり「きいやま商店」ライブ


今年は、池田卓さんや八重山高校郷土芸能部、金城弘美さん、石垣喜幸さんなどが出演予定みたいですよ。
川平の伝統の棒術や獅子舞も見れると思います。
もちろん最後は大迫力の花火も!! ←近くで打ち上げているせいか、結構な迫力です。
200発用意されているそうです。

ちなみに、祭りの名前でもある「満慶」(ミツケーと呼びます)は、川平の昔の英雄の事です。
正式な名前は「仲間満慶山英極」。 オヤケアカハチなどと同じ時代に生きた豪族です。
 >石垣島の英雄 オヤケアハハチ
満慶は、川平村の人々に棒術や学問などを教えた英雄として地元では有名です。(平家の末裔なんても言われてたりします。)
川平部落内にある底地ビーチ近くには、岩山を掘って作った仲間満慶山英極の墓もありますよ。

そんな川平村の英雄が由来の「満慶(ミツケー)まつり」です。

まつりの収益金は川平校児童の青少年健全育成資金などに使われるので、
子供たちのためにも食べ物・飲み物は持ち込まず会場の屋台で買って食べましょう〜。

【第9回満慶まつり 2017】
開催日:2017年9月16日(土曜日)
場所:川平小中学校  入場料:1000円チケット(抽選権・飲み物)※高校生以下は無料


▼2018年産「石垣島パイナップル」美味しい旬、真っ最中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の注文受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル 注文受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島のイベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧盆にさとうきびをお供えするわけ!

【旧盆にさとうきびをお供えするわけ!」

お供えのさとうきび

石垣島のお盆は旧暦で行われます。
先祖の霊を供養しながら、親戚一同があつまってみんなで楽しむ旧盆。
(詳しくは≫石垣島のお盆(旧盆)

旧盆近くになると、スーパーにはお供え用としていろいろな物が販売されていますが、
これお供え物?と思うようなものも。
そんなひとつ「さとうきび」。

さとうきびは、昔は普通に売られていて、よくかじってたりもしたものです。
(食べるというよりは、かじってさとうきび汁を味わうって感じです。)
最近では、旧盆時期以外ではほとんど売っているのを見たことがないさとうきび。
(たまにお土産品や空港で売っているのを見かけますが・・)

さてこのお供え物としてのサトウキビ、まさかあの世でもサトウキビをかじってもらうため?
いえいえ、さとうきびのお供え物は、杖としてのお供えなんです。

あの世(グソー)から帰ってくるときに、転ばぬように杖がわりにつかって無事に帰ってきてくださいと、長いサトウキビをお供えします。
しかも、この世にに帰ってくるとき用とあの世に戻るとき用の2本!
心優しいウチナンチュ〜ですね。

ちなみに小さく切られて売られているさとうきびは「箸」のかわりとも言われてます。
(じいちゃんから聞いた話なので、間違っているかもしれません・・)

折れないような上等さとうきびを1本選んでご先祖様にお供え〜。
今年も無事に帰ってきてよご先祖様〜。



▼2018年産「石垣島パイナップル」美味しい旬、真っ最中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の注文受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル 注文受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。