あの世の正月「十六日祭(ジュウルクニチ)」: 石垣島なんでも図鑑

あの世の正月「十六日祭(ジュウルクニチ)」

【石垣島の伝統行事―十六日祭(ジュウルクニチ)-」

16nitisai.jpg

お墓に行くのが楽しみな伝統行事「十六日祭(ジュウルクニチ)」
毎年、旧暦の1月16日に行われる伝統行事で、祭という字が付いているとおり、
グソウ(後世)の正月、あの世の正月を祝いながら先祖供養をする行事なんです。

先祖の墓に、花や酒・食べ物などをささげ、先祖があの世でお金に困らないように
紙銭(ウチカビ)というあの世のお金を燃やしてあげます。

▼ これが紙銭(ウチカビ) あの世のお金です。 ▼
16nitisai1.jpg


そしてお墓の前で各家庭からもちよった料理やオードブルを並べ、
三味線を弾いたりみんなでユンタクしながら、楽しく過ごす行事なんです。

旧暦の1月16日に行われる行事なので、新暦に直すと毎年曜日が変わります。
その日が平日だった場合、地元の人が多い会社などは、午前中で仕事が終わったり、休みになったりするんですよ。
島ならではの特別な休日です。
(最近は、休みになる会社も減ってきているのですが。)


小さい頃は、この16日祭めっちゃ楽しみでした。
なぜなら、学校も午前中で終わり、美味しい料理もたくさん食べれて、
親戚の子らとたくさん遊べる。
お墓に行くのが楽しみな行事でした。
(あの頃は、ご馳走を食べると言えば正月やお盆、十六日祭などの行事しかなかったからなぁ・・・)


十六日祭の由来は、琉球王国時代に城で働いていた家来が、
正月1日から15日まではお城での正月の行事などを行い、
城の行事が終わった後、16日に故郷の父母と正月を祝うため帰郷したのだが、
父母はすでに亡くなってしまっていました。
そこで墓参りをして念頭の辞を墓前で述べたのが十六日祭の始まりと言われていたり、

正月の1日から15日までは神様がいる神聖な時期なので、
不浄を避けその間には墓参りをせず、16日になって初めて墓参りをするという由来もあるそうです。


ちなみに沖縄では十六日祭と清明祭(シーミー)と2つの大きな墓前祭が有名ですが、
石垣島では、通常清明祭はあまり行わず、十六日祭に重点を置いています。

沖縄本島は清明祭を盛大に、宮古や八重山などの先島、沖縄本島北部などは十六日祭を盛大に行うようですよ。
私も清明祭という行事は一度もやった事がなく、清明祭と言われてもあまりピンときません。
同じ沖縄でも、地域によってそれぞれ文化がちょっと違うから面白いですね〜。






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の伝統行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする