縁起の良い島野菜「田芋(ターンム)」: 石垣島なんでも図鑑

縁起の良い島野菜「田芋(ターンム)」

【縁起の良い島野菜「田芋(ターンム)」-石垣島の食材-】


taimo.jpg

琉球王朝時代から子孫繁栄の食材として親しまれている「田芋(ターンム)」
沖縄では、正月料理などには欠かせない食材です。

沖縄本島の金武町などが産地で、金武町にある蔵元「金武酒造」では、田芋を使った焼酎なども造られています。
最近は、ケーキなどのスイーツなどにも使われて新しい沖縄の特産品としても注目を浴びてますね。

石垣島ではあまりなじみがない食材ですが、石垣島でも田芋は栽培されているんですよ。

田芋の原産地インド東部からインドシナ半島で、土の中ではなく水の中で栽培します。
沖縄の在来種ではなく、持ち込まれた植物だそうです。
でもその起源は古く、稲作より先に田芋の栽培が始まったんではないかとも言われています。

田芋が沖縄で栽培されるようになった理由に、台風に強いというのも挙げられます。
田芋は、水田の中で次々と小芋を増やす事から栽培しやすく、非常食としても重宝がられました。
また小芋をたくさん増やす→子供をたくさん増やす→子孫繁栄の縁起物という風に、
沖縄では、正月料理などで縁起の良い食材として料理されるようになりました。

栄養価も高く「カルシウム」に「カリウム」や鉄分、ビタミンAやCなどを豊富に含んでいます。
他の芋よりも粘り気があるので、餅状にした料理などにされることが多いです。

この田芋、出荷される際は蒸して出荷されます。
生だと日持ちせずまた田芋の良しあしがわからないので、一度蒸してから店先などに並ぶのが一般的です。

小さい頃はあまり食べる機会がなかった田芋ですが、最近、親が畑で田芋をつくっているので、たまに食べるようになりました。
我が家では、子供たちに食べさすために、田芋チップスにしてよく食べます。

田芋チップス

薄くスライスしてカラッと揚げて〜♪
砂糖でも塩でも美味しく食べれますよ〜。

あとふかした田芋を油であげて、砂糖醤油で炒めて食べても美味しいです。

沖縄の伝統料理でいけば「ディンガク」や「ドゥルワカシー」などが田芋料理として有名ですね。

少子化の世の中、子孫繁栄のために田芋食べましょう〜。

「田芋」を食べてみたい方はこちら
沖縄産田芋(ターンム)3kg



▼2018年産「石垣島パイナップル」美味しい旬、真っ最中!!▼
甘くて美味しい石垣島のパイナップル!2018年産の注文受付始まりました。
2018年産石垣島パイナップル 注文受付ページ







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の食材・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする