オキナワキョウチクトウ!美味しそうな赤い実、じつは・・: 石垣島なんでも図鑑

オキナワキョウチクトウ!美味しそうな赤い実、じつは・・

【オキナワキョウチクトウ(ミフクラギ)】

オキナワキョウチクトウ


オキナワキョウチクトウ、漢字で書くと「沖縄夾竹桃」。
5月頃から可愛らしい白い花を咲かせます。
花の真ん中がピンクかかっていてこれがまた可愛らしい。

このオキナワキョウチクトウは塩害に強いという事もあって、石垣島では、海の近くの街路樹や公園などに植えられています。
石垣島の北部地域、伊土野や野底周辺の海沿いでみる事が出来、5〜6月頃、この周辺をドライブすると白い花が咲いた沖縄夾竹桃を見ることができます。

kyoutikutou1.jpg


花が咲き終わる頃にオキナワキョウチクトウは実をつけます。
未熟果の時は緑色ですが、だんだん熟していくと美味しそうな赤い実をつけます!
遠くから見るとマンゴーのように見え、近くでみるとパッションフルーツのように見えるつい食べたくなりそうなな赤い実。


ミフクラギ

mifukuragi.jpg


でもこの実、じつは危険! 毒を持っているんです。
オキナワキョウチクトウの和名は「ミフクラギ(目膨木)」
方言名では「ミーフックワー」や「ミーフックヮギー」と呼ばれます。
その意味は「目が腫れる」です。

そうこの実からでる樹液や、実の中にある種子には毒があり、誤って樹液が付いた手で目をこすってしまうものなら、目が腫れます。
こんな名前が付くぐらいだから、昔これで目が腫れた人がたくさんいたんだろうな〜。

この毒は、沖縄では昔は有効活用されていました。
このミフラギの毒を漁業に利用していたそうです。
※現在はこの毒を利用しての漁業は禁止されています。

その他にも特に毒の強いミフクラギの種子はネズミ駆除のための毒団子の材料にもなったそうですよ。
木の樹液なども毒があり、ミフクラギの木からは油脂がとれ燃料や殺虫剤としても利用されていたそうです。

見た目が美味しそうなだけに怖いですね〜。
くれぐれも間違って食べないように!

このミフクラギは意外と長生きします。
沖縄本島の名護には天然記念物にも指定されている樹齢200年にもなるミフクラギがあるそうですよ。

それにしても昔の人達の自然の利用法には驚かされます。
きっと誰かがこの木に毒があるのを身をもってしり、それを漁業に利用しようと考えた人がいて、これも生きる知恵ですね。







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする