石垣島の植物 (5): 石垣島なんでも図鑑

石垣島の冬を彩る「リュウキュウコスミレ」

【石垣島の冬を彩るリュウキュウコスミレ -石垣島の植物-】

リュウキュウコスミレ

リュウキュウの名が付いた沖縄や石垣島などでよく見られるスミレ「リュウキュウコスミレ」。
名前の由来は、琉球産の小さいスミレという事で「リュウキュウコスミレ」という名が付いたそうですよ。

沖縄諸島原産のスミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ 漢字で書くと「琉球小菫」

リュウキュウコスミレは、11月頃から1.5cmほどの小さくて可愛らしい花を咲かせます。
高貴な濃い紫やピンク・白など色のバリエーションが豊富なスミレです。

ちなみにこのリュウキュウコスミレは、生物季節観測対象の植物なんだそうです。
生物季節観測とは、気象庁が植物の開花や動物の初鳴きの日で季節の移り変わりを調べる対象の生物事。
同じ生物を毎年定点観測することで、観測地帯の現在と過去の季節や他の地域との季節に変わりを比較したりするんだそうです。

たまに新聞などに「●●が例年より早く開花」などと書かれている植物などは観測対象の植物なんだそうですよ。

石垣島の冬から春を楽しませてくれるリュウキュウコスミレ。
バンナ公園などで見ることができますよ。






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オキナワキョウチクトウ!美味しそうな赤い実、じつは・・

【オキナワキョウチクトウ(ミフクラギ)】

オキナワキョウチクトウ


オキナワキョウチクトウ、漢字で書くと「沖縄夾竹桃」。
5月頃から可愛らしい白い花を咲かせます。
花の真ん中がピンクかかっていてこれがまた可愛らしい。

このオキナワキョウチクトウは塩害に強いという事もあって、石垣島では、海の近くの街路樹や公園などに植えられています。
石垣島の北部地域、伊土野や野底周辺の海沿いでみる事が出来、5〜6月頃、この周辺をドライブすると白い花が咲いた沖縄夾竹桃を見ることができます。

kyoutikutou1.jpg


花が咲き終わる頃にオキナワキョウチクトウは実をつけます。
未熟果の時は緑色ですが、だんだん熟していくと美味しそうな赤い実をつけます!
遠くから見るとマンゴーのように見え、近くでみるとパッションフルーツのように見えるつい食べたくなりそうなな赤い実。


ミフクラギ

mifukuragi.jpg


でもこの実、じつは危険! 毒を持っているんです。
オキナワキョウチクトウの和名は「ミフクラギ(目膨木)」
方言名では「ミーフックワー」や「ミーフックヮギー」と呼ばれます。
その意味は「目が腫れる」です。

そうこの実からでる樹液や、実の中にある種子には毒があり、誤って樹液が付いた手で目をこすってしまうものなら、目が腫れます。
こんな名前が付くぐらいだから、昔これで目が腫れた人がたくさんいたんだろうな〜。

この毒は、沖縄では昔は有効活用されていました。
このミフラギの毒を漁業に利用していたそうです。
※現在はこの毒を利用しての漁業は禁止されています。

その他にも特に毒の強いミフクラギの種子はネズミ駆除のための毒団子の材料にもなったそうですよ。
木の樹液なども毒があり、ミフクラギの木からは油脂がとれ燃料や殺虫剤としても利用されていたそうです。

見た目が美味しそうなだけに怖いですね〜。
くれぐれも間違って食べないように!

このミフクラギは意外と長生きします。
沖縄本島の名護には天然記念物にも指定されている樹齢200年にもなるミフクラギがあるそうですよ。

それにしても昔の人達の自然の利用法には驚かされます。
きっと誰かがこの木に毒があるのを身をもってしり、それを漁業に利用しようと考えた人がいて、これも生きる知恵ですね。







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役立つ植物「モンパの木」

【石垣島の植物 モンパ(紋羽)の木】

HI390251.jpg

石垣島などは海岸線でよく見かける「モンパ(紋羽)ノキ」。
潮風に強く、10Mほどの高さに成長する小高木。

昔から、この植物はとっても役に立つんです。

水中眼鏡を付けてシュノーケルをしていると、曇ってしまう事よくありますよね。
唾で水中眼鏡をこすっても、持続せず、すぐに曇ってしまう。
せっかくのきれいな魚や珊瑚礁が、ぼやけてつまんな〜いって人に!!

こちらの「モンパの木」役に立ちます。
このモンパの木の葉っぱをちぎり、汁をごしごし水中眼鏡に塗りつける。
あ〜ら不思議!ぜんぜん水中眼鏡が曇らないんですよ〜。
しかも長時間は曇らない状態が持続できるんです。

昔の漁師の人は、このモンパの木で水中眼鏡の縁を作ったり、葉っぱを曇り止めに使ったりしていたんですよ。
絞り汁は、民間薬としても使われていたみたいです。
島の先人たちの知恵ですね。

ちなみに日本で初めて造られた水中眼鏡は、糸満の海人がこのモンパの木を加工して作った水中眼鏡と言われてるんですよ。


ぜひ海に入る前には「モンパ(紋羽)ノキ」の葉っぱで水中眼鏡をゴシゴシ!
石垣島のきれいな海を、思う存分楽しんでくださいな。


日本花卉ガーデンセンター






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする