石垣島の史跡・文化財 (2): 石垣島なんでも図鑑

天川御嶽に通じる神の道(カンヌミチィ)

【石垣島の史跡-神の道(カンヌミチィ)-】

天川御嶽 神の道

石垣市登野城といえば、石垣島の中でも古い伝統のある村で、登野城町内には古い御嶽もあればいろいろな史跡も存在します。
その中の一つが写真の「神の道(カンヌミチィ)」です。

たまに近くの道を通るので、変な道だなと気になっていたのですが、
最近になってこの道が「神の道」だという事を知りました。
生まれも育ちも石垣島でも、住んでいる地域が違えば分らないことがたくさんです。

この道をまっすぐ南に行くと天川御嶽(アーマオン)に通じています。
天川御嶽から北へ向かう道は、御嶽への参拝道として神の道と呼ばれていたそうです。
登野城村の古地図などに記載されている道です。

時代が変わって、新しい住宅が立ち並びその道はどんどん削られていきました。
今みれる「神の道」跡はほんの一部だけです。
でも残っているだけでも素晴らしいと思います。
昔の人達の暮らしに思いを馳せることが出来る神の道跡。
いつまでも残し、そういう神聖な道があったんだよと語り次いでほしい史跡です。

ちなみに、この場所には紹介の看板などはありません。
ブロック塀に囲まれた道がひっそりと残っているだけです。









にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の史跡・文化財 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新空港の場所には昔・・「旧盛山村跡の御嶽(おん)」


旧盛山御嶽



過酷な運命の上、廃村となってしまった石垣島の古い村「盛山村」。
新石垣空港ができたことによって、「旧盛山村跡の御嶽(おん)」の場所が整備され、再び人々の目に触れられるようになりました。

新空港の「信号機」がある入口から入って数十メートルの左手にある草木が生い茂った小さい森のような場所。
そこが旧盛山村跡の御嶽の場所です。

明和の大津波以降に竹富島から富崎に移り住んだ人たちが移住してこの村を作りました。
津波のあとという事もあって、海から少し離れた高台に村を作ったんでしょうね。
とても眺めのいい場所。当時はもっときれいだったんだろうな〜と想像してしまいます。

その盛山村ですが、疫病などがはやり人口が減少していきます。
他の村からも人を補充して村を維持していくのですが、疫病やマラリヤなどの病気には勝てず大正時代には廃村となってしまった村です。
その場所に盛山村は確かに存在したという証拠がこの盛山村跡の御嶽です。
当時の生活の過酷さ、生きるための大変さが伝わりますね。

またこの旧盛山村には、村で最後の生き残りとなった「ドッケーマ」という女性の歌も伝わっています。

「盛山村のどっけーま(ドスケーーマの歌)。

盛山村ナンガヨー ドスケーマデーン ミヤルビデーン
マリドゥブレール ブドゥルシリバン キョンギンシリバン ドスケーマタンガヨー

訳:盛山村にドスケーマという女の子が生まれておりました
  踊りをしても狂言をしてもわたしドスケーマ一人です

(竹富島の種取祭で、この歌の奉納があるそうですが・・。機会があれば見てみたいな。)
住民のルーツは竹富島という事もあって、竹富島の種子取祭の前には島の神司が旧盛山村跡の御嶽を拝みにくるそうですよ。

旧盛山村 史跡

ちなみにこの場所に設置されている案内板には下記のように書かれています。

「盛山村は1771年に八重山諸島を襲った明和大津波の跡、竹富島から石垣島南西端の富崎に移住して出来た富崎村の人々が1785年に桃里村の属地であった盛山に再移住して創建された村である。
御嶽とは人々の健康や地域の繁栄などを祈願する聖地の事で、盛山村の人々が信仰した御嶽は、出身地である竹富島の御嶽の神を勧請したとされる。
盛山村創建時の人口記録はないが、風土病やマラリヤや伝染病などにより、明治6(1873)年には戸数9戸、人口17人まで減少している。
明治10(1877)年には、白保・宮良・大浜の3村から23人を補充し、村の維持を図ったが人口減少はやまず、大正6(1917)年には集落が廃された。
この御嶽は、かつてこの地にあった盛山村の歴史を物語る貴重な史跡である。


moriyamautaki1.jpg


新空港で盛り上がるこの場所には、悲しい歴史もあったんだという事を胸に刻んで・・・。
史跡の周りは農地となっているので、迷惑をかけないように見てくださいね。






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の史跡・文化財 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古賀辰四郎「尖閣列島開拓記念碑」

【古賀辰四郎「尖閣列島開拓記念碑」-石垣島の記念碑-】

尖閣列島開拓記念碑

港近くの八島緑地公園そばにある記念碑「古賀辰四郎 尖閣列島開拓記念碑」。
尖閣列島開拓に心血を注いだ「古賀辰四郎」氏の偉業を記念して平成7年に建てられた記念碑がこの「尖閣列島開拓記念碑」。

記念碑には尖閣列島の形をしたモニュメントや、尖閣列島の詳しい地図などが載っています。


記念碑にはこのような文章が書かれています。
↓ ↓
「古賀辰四郎は福岡県の人 廃藩置県の明治十二年来県
同年那覇で古賀商店を,十五年石垣島大川村海岸近くに八重山支店を開設した
明治二十九年日本政府の許可を得て尖閣列島魚釣島 南小島 北小島 久場島で海陸物産の開拓に心血を注ぎ生産物資は外国にも輸出 
国 県の経済 社会に大きく貢献 明治四十二年藍綬褒章を授与された
子息善次は昭和七年右四島を国より払下げを受け その没後は妻花子がこれを管理した
戦後古賀家の遺産は遺言により埼玉県の実業家栗原國起がこれを継承
財団法人古賀協会を創立 沖縄県のスポーツ振興面に貢献しつつある
絶海の無人島に私財を投じ父子二代の生涯をかけた開拓事業であった
この度先覚者の偉業を記念するため支店旧地に近いこの地にこの碑を建立した
−平成七年十二月−
那覇市西一丁目二〇番地の一
財団法人古賀協会 会長 栗原佐代子 碑文並に揮毫  牧野 清」


senkaku1.jpg

senkaku2.jpg

senkaku3.jpg


石垣市登野城の番地を有する尖閣列島。

記念碑の場所はこちら
尖閣列島開拓記念碑の場所・地図







にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ   友だち追加数
にほんブログ村     石垣島の動画      ▲LINE@やってます!
▼石垣島のイベント情報やスポット情報、面白ネタを配信中!▼
posted by 石垣島 | 石垣島の史跡・文化財 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする